MyEtherWalletから海外取引所へ送金方法【画像有】

MyEthetWalletからどうやって海外の取引所(今回は、Coin Exchange)に仮想通貨を移動すれば良いのか、ICOトークンを取得したい場合海外の草コインを購入したい時に参考になる記事です。送金時間や手数料も実際に計算してみました。

 

初心者の方でも手順通りにやれば簡単に出来るので、ぜひお役に立てれば幸いです。

 

この記事を読む前にやっておいて欲しいこと

どれもリンクをクリックすると事細かに説明している記事に飛びます。

  • 国内取引所で仮想通貨を購入 (口座の開設~入金まで)
  • MyEtherWalletを作成 (安全に)
  • 国内の取引所の仮想通貨をMyEtherWalletへ移す
  • 移す先の海外取引所のアカウントを登録(今回は、CoinExchange)
  • 海外取引所へMyEtherWalletから送金

 

この記事はこんな人向け

おそらく、この記事を読んでいる方は

「ICOに参加したいので、トークンを購入したい」

「草コイン(アルトコイン)を安く仕入れたい、国内にない通貨を仕入れたい」

など考えていらっしゃると思います。

なので、国内に在住の日本人の方が海外取引所で草コイン/ICOトークンを購入したい、場合は、下記のステップとなります。

1.国内の取引所でイーサリウム(もしくはクラシック)を買う

2.その取引所からMyEtherWalletへ送る

3.MyEtherWalletから海外の取引所/販売所へ送る

BTCを海外の取引所へ送って、ICOトークン/草コインを購入することも可能ですがセキュリテの面でもEthがおすすめです。

 

超簡単|MyEtherWalletから海外取引所へ送金してみた

 それでは、実際にMyEherWalletでの操作に移ります。MyEtherWalletから、海外取引所へコインを送る方法は下記の2通りが有ります。

(a).ETHで送る

(b).トークンで送る

このページではすでにMyEtherWalletでお財布が生成されているとして、進めています。もしまだMyEtherWallet上でお財布の生成をしていない場合はこちらの記事を参考にして下さい。

MyEtherWalletの使い方とお財布の作り方

MyEtherWalletトップページへアクセス

上記の【Ether/トークンの送出】リンクをクリックすることで、送る為のページに移動します。移動できたらこんな感じ。

ここで、自分のウォレット(お財布)にログインします。ログイン方法は様々ですが、私は秘密鍵をクリックしてログイン。

ログインできたらこんな画面になります。

送る際に必要なのが

・宛先アドレス・・・海外取引所の自分のアカウントへのアドレス

・送出数量・・・自分の保有しているETH/トークンをどのくらい送るか

・ガスリミット・・・送る為の手数料

宛先アドレスの確認方法は、次の項目で説明します。

宛先アドレスは、間違えると帰ってこないので2度、いや3度は必ず確認してください。

送出数量は、自分の送りたい量なので説明を省きます。少し見慣れないのがガスリミットですね。

 

ガスリミットって何?何を打ち込めばいい?

ガスリミットは、このMyEtherWalletというお財布から海外取引所へ送る為の燃料です。燃料と聞くと聞きなれないですが、銀行から他の銀行に送る際に手数料がかかると思いますがそれです。

なので、この手数料が少ないと相手に届かないことも有ります。その場合は、エラーが表示されます。

 

ガスリミットはどのくらい必要なの?

基本的には、必要な量を自動的に打ち込んでくれるのでそれで無事に届きます。

注意点:ガスリミットはETHが必要

ガスリミットはMyEtherWalletのETHから運営元に自動的に支払われます。もしETHがなくICOトークンだけ保有している時は送れません。そしてそのエラーも分かりづらい、、

実際に、筆者が海外取引所へトークンを送ろうとした時に送れなかった時の体験談を綴ったので、こちらを参考にしてください。

MyEtherWalletで海外取引所へ送れなかった(エラー)時の体験談

 

海外取引所(CoinExchange)の宛先アドレスの確認方法

海外取引所のCoinExchangeを使って、MyEtherWalletで必要な宛先アドレスの確認をしてみます。まだ、取引所でアカウントを開設していない場合は、こちらの記事で海外取引所のアカウント開設を説明しているのでご参考にどうぞ。

CoinExchandeのアカウント開設の方法

CoinExchangeの公式サイトへログイン

こちらのページからMyAccountの[Balances]をクリック

CoinExchangeのホームページへ

すると、Account Balancesから現在の自分のCoinExchangeでの保有通貨が表示されます。ここから今回はETHを送りたいので、ETHの右側の【Action】をクリックします。

すると

・Deposit ETH

・Withdraw ETH

・View ETH Deposits

・View ETH Withdraw

・View ETH Orders

・View ETH Trades

と表示されます。今回は、CoinExchangeにETHを送りたいので【Deposit ETH】をクリックして下さい。これでCoinExchangeにコインを送るためのページにいきます。

CoinExchangeの入金先の宛先アドレスが表示されます

QRコードの上部に、宛先のアドレスが表示されますのでこれを下記の宛先アドレスにコピーして下さい。

これをMyEtherWalletの宛先アドレスにペーストして、トランザクションを生成で無事CoinExchangeへ送信が完了します。

 

CoinExchangeでの入金の確認について

入金が完了しても、「ちゃんと届いているのか心配」という方はCoinExchangeのDepositというページに進んで下さい。

すると、自分がMyEtherWalletから送ったETH(Classic)/トークンが表示されます。ここで画面右側のStatusというところをみると、Pendingと表示されていれば無事CoinExchangeへ送信は完了しています。

少し時間が経つと・・・・

画面のように、緑色で[Cleared]となればCoinExchangeで送ったコインが使えるようになります。

これで無事MyEtherWalletからCoinExchangeへ入金が完了です。

 

 MyEherWalletから海外取引所への送金時間は?

今回、僕はETHではなくICOで購入したAlisトークンを送信したのですが、送ってからCoinExchangeで確認出来るまでは約7分ほどでした。

 

MyEtherWalletから海外取引所への手数料(日本円)は?

そして手数料についてですが、下記の画像の通り

1503円→1217円ということで日本円換算で286円で海外取引所へ送信できました。ちなみに、私の場合はトークンを送ろうとしたのですが、ETHだともう少し安いようです。

これで、無事海外の取引所に仮想通貨を移動させることに成功しました。私はこれで、将来伸びそうなアルトコインに少し購入したり、上場したICOトークンを購入したりに使う予定です。

MyEtherWalletから海外取引所へ送金方法【画像有】” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です